ベンチャー企業がロゴを作成する時の注意点

起業すると取り決めなければならない事柄が山のようにありますが、どのような企業ロゴにするのかというのも力を抜いてはならない重要タスクです。一言で企業ロゴと言っても種類が2つに分かれているという事です。

シンボル的なロゴマークの他に社名を記しているロゴタイプといった2つから構成されていますし、マークが存在せずに文字のみで企業ロゴと捉えている組織もあります。

まずはそうした種類に分かれているという事実を把握して、企業ロゴは組織そのもののアイデンティティを表現する働きがあるのだという事を把握してください。

そのように心に留めておくことができたのなら、作成時に具体的に意識するのは名前をどういった形式で表記していくのかというものです。

会社として大きな括りとしての名称を用いるのか、ブランド名を採用するのかを判断してローマ字や漢字といった様子にも気を配ります。

ロゴは英字?日本語?

ベンチャー企業の場合は海外に倣って英語表記やローマ字表記が定番でしたが、近頃は日本らしさや柔らかさを覚えるひらがなをあえて使っている事も多いです。

そして、英語にするのなら大文字や小文字といった小さな違いに目を向けて拘ってみると先進性が与えられ、これから取引を行っていくクライアントや利用者に対して柔軟性があるように感じてもらえます。

 

ロゴデザインのトレンド

ロゴデザインはトレンドに流され過ぎないように

また、ベンチャー企業は立ち上げた時のトレンドを軸として考えてしまいやすいので注意が必要なのですが、今後長い間継続させることをきっちりと念頭に置いて尚且つ規模が当初の10倍や100倍になっても堂々とできる相応しい企業ロゴにします。

さらに近年はスマートフォンでのネット利用者が多い事実を踏まえて、画面が小さかったとしても見誤ることなく、自社の企業ロゴとして認知してもらえるようにインパクトがあるデザインで作成するのも欠かせない注意点です。

美容室・サロンのロゴデザイン作成

ヘアサロン、エステサロン、ネイルサロンなどのロゴ作成はお任せください。

会社ロゴのデザイン依頼

起業時やロゴのデザインリニューアルなどお気軽にご相談ください。

飲食店のロゴデザイン作成依頼

カフェ・居酒屋・レストランなどのロゴを提案いたします。

不動産・住宅関連の企業ロゴを作る時のポイント

人間が健やかに安定的に生きていくための土台となる衣食住ですが、その中で突出して要になっているのが住まいです。 様々な環境下に身を置く中で最も心許せるリラックスした空間を作り出すという使命を持って住宅メーカーを経営していくためには、家族形態などに左右されず安定的に帰りたくなるプランニングを提供すべきですしロゴにも反映させなければなりません。

スイーツ・食品ブランドのロゴデザインのポイント

手掛けている会社が食品を取り扱いしているとなればブランドロゴに求められるデザイン性は通常とは違ったものになり、中でも口に入るものであるからこそ清潔さと共に思わず食欲が高まってしまうようなカラーリングにする必要があります。 既に世の中には大手から中小企業に至るまで大変多くの食品メーカーや個人経営で高い知名度を誇っているスイーツ店がありますが、全てに共通しているのは寒色系の色味を採用しておらず暖色系である事です。

アパレルブランドのロゴデザインを作成する時のコツ

アパレルブランドによりスタイルには差異がありますが基本として国柄などに左右されず総じて共通して見られるのは、一つのブランドからプロデュースされている物は単品ではなくインナーやボトムス、シューズやアウターといったように全身コーディネートが実行できる様子です。 当然それぞれのアイテムによって展開されているカラーやテーマ色は違うのですが、アパレルブランドでロゴデザインをするのならそういった一つ一つの物で様相が大きく異る事実を受け入れて、総じて馴染ませられるデザインにしなければなりません。

医薬品・サプリメントのロゴマークを作る時のポイント

医薬品やサプリメントのロゴデザインを制作するのであれば、消費者に安心感を与えられるものにすることが重要なこととなります。 医薬品やサプリメントは人体に対して何らかの影響をあたえるものであり、消費者はいい影響を期待して購入をするものですから、安心して購入をすることができるロゴデザインと言うものが求められます。 商品全体のデザインも重要ですが、ここのメーカーであれば安心して購入できると思わせられるロゴを作ることができれば、それだけ販売面で有利になりますからロゴデザインは非常に重要なものとなります。