起業するうえで重要となるロゴデザイン制作のコツとは

起業する上で一つの悩みとなるのが会社のロゴデザインです。ロゴデザインは会社の顔ともいえる重要な役割を果たすことになるため、簡単に考えるわけにはいきません。フォントの種類やイメージ、サイズや形など考えなければならないことが山積みです。ロゴデザイン制作のコツとしてまず第一に挙げられることはシンプルさを大切にすることです。複雑でごちゃごちゃとした印象のロゴはビジネスにおいて何の利益も生み出すことはありません。大きく成功したロゴを見てみると、非常にシンプルなことがわかります。全体的にすっきりとおさめられ、太い線が使われています。メッセージの効果を損なわせたり、視線を散らせるような多くの要素を持ちあわせていません。認識しやすく企業ブランドを思い起こさせるようなシンプルなデザインが重要となります。そしてオリジナル性を持たせることが重要です。

競合する会社のロゴは事前にチェックしておこう

一番避けたいことは競合企業と間違えられてしまうことです。周りをよく見て似ているところはないか、新しいものを考え出すきっかけをつかみましょう。ほかの企業と間違えられることを避けたいのであれば、色や形、象徴するものなど考えます。さらに覚えやすさも重要なポイントと言えるでしょう。近年の消費者は広告の波にのまれている傾向があります。テレビから流れるコマーシャルはもちろんのこと道端のポスターや看板、インターネットのバナー広告やゲームアプリなど、毎日様々な広告を目にすることでしょう。膨大な宣伝情報の中では、とにかく記憶に残りやすいメッセージが重要となります。この時のポイントの一つが覚えやすさと分かりやすさの両方を満たしたデザインにすることです。さらには顧客のことを理解することも重要です。これは顧客がどのような人々で、企業に何を求めているのかといったことがあげられるでしょう。自分のビジネスがどのようなことを発信しているのかを自分で考えてみましょう。例えば楽しさや面白さ、歴史やパワーなど強調しているものがあるはずです。これらの特徴のどれもが効果的なデザインの主要メッセージとなるでしょう。企業の中心となるメッセージとむすびつけられたデザインにすることが大切です。