起業時にはロゴのデザインの重要性は理解すべき

起業時にはロゴのデザインの重要性は理解すべきです。というのはロゴは会社を覚えてもらう最も効率的な方法となるので、起業を考えているひとであれば、まずはこれからかんがえるべきということを言っても良いかも知れません。自分で考えても良いものはまず出てこないでしょうから、プロのデザイナーに任せるという事をしても良いでしょう。その方が結果的には大きな効果になるという事も考えられます。素人がロゴを考えてもなかなか良いものとはまずなりません。というのは、ロゴというのは極めて効率的に出来ているもので、簡単な例を挙げれば似顔絵を考えると分かりやすいかもしれません。似顔絵は素人ではまず出来ないという事はほとんどの人が分かるでしょう。これにはコツがいるわけで、このコツというのは簡単に手に入れられるものではありません。写真は誰でも撮影することが出来ますが、これとは全く違うのが似顔絵という事になります。この似顔絵では情報を効果的に省いて特徴のあるところだけで顔を描いてしまうという事をするわけで、これがデザインに通じているところがあるわけです。

ロゴのポイントはいかにデフォルメするか

簡単に情報を省くという事は素人ではまず出来ません。というのが情報を省くことの意味が分かっていないからで、この線が無くなると顔のイメージがどうなるのかが分からないという事があるかです。分からないので全てをそのままに描くしかないのが写真や肖像画という事になるわけですが、これだと会社のイメージが良くナイルという事は無いでしょう。印象深いものともなりません。人は普通にあるものを見てもそれを記憶にとどめるという事はしないわけで、普通には無いものを見た時に印象深いと感じてそれを記憶にとどめるという事をするので、似顔絵のような印象深いものはあっという間に記憶に入っていくという事です。何しろ情報として極めて効率的に省かれているので、記憶するにもし易いという事がこのロゴには求められるという事です。