アパレルブランドのロゴデザインを作成する時のコツ

アパレルブランドによりスタイルには差異がありますが基本として国柄などに左右されず総じて共通して見られるのは、一つのブランドからプロデュースされている物は単品ではなくインナーやボトムス、シューズやアウターといったように全身コーディネートが実行できる様子です。

当然それぞれのアイテムによって展開されているカラーやテーマ色は違うのですが、アパレルブランドでロゴデザインをするのならそういった一つ一つの物で様相が大きく異る事実を受け入れて、総じて馴染ませられるデザインにしなければなりません。

つまりできるだけシンプルにするのが大前提となり、アウターや靴の一部にあしらわれていても悪目立ちせずにアパレルブランドを認識させられて尚且つステータスになればより良いです。

 

アパレルブランド

ロゴマークが無いシンプルなデザインも多い

実際に存在していて広く知られているアパレルブランドに目をやれば、インパクトが感じられるのにシンプルに仕上がっているタイプが多くて、よく見るとシンボルマークすら無くロゴだけで生成されているケースも珍しくないほどです。

そして、アパレルブランドが他の業種とは著しく違うのは時代の流れに応じて提携やコラボレーションをする機会が圧倒的に多いことです。

現実として起こっているのは一見全く関係性が無いように感じられる家電量販店と衣料品店のコラボレーションであり、都心部では外壁に大々的に特別なロゴデザインを作って掲げています。

もちろん立ち上げの段階から連携を考慮して自身の思いを遠慮がちにするのは良くないですし、オーナーが愛着を持てなくなってしまう起因に繋がりますが、仮に手を組むことがあった時のことを考えて遊び心が持たせられる余白を残しておくのも良いです。

遊び心と聞くと粋であったり奇をてらうように感じますが、そうではなくてアレンジがしやすい上にどのような変化を付けても違和感なく完成させられるようにする様子を指します。

そうすればたとえマンネリ化を抱かれたとしても、少しの工夫でまたアパレルブランドの価値と印象を生まれ変わらせられます。